弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう

ひとりで悩まず相談してください

相続放棄する

家族が亡くなったとき、配偶者や子供に相続権がある場合があります。そのときに、借金のようなマイナスの財産があることが発覚した場合、相続放棄の手続きを行うことが出来ます。

放棄の期間や期限

相続放棄の手続きを行える期限として、3ヶ月という期間が法律で定められています。その期限を過ぎてしまうと、相続しなければならなくなります。期限を知らなかったということでは済まされないので、知っておく必要があります。

必要な書類

相続放棄の手続きには、様々な書類が必要となります。その書類は、提出先である家庭裁判所によって揃えるべきものが異なるので、事前に電話で問い合わせるといいでしょう。

問題解決のために

一人で悩んでいませんか?それなら離婚専門のプロに相談しましょう。プロの方がカウンセリングしてくれます。

離婚専門の弁護士に気軽に相談を行なうことができるので気になる人は電話してみるといいでしょう。親身になって話を聞いてくれます。

弁護士は、様々な法律問題を解決してくれる人で、多くの人が依頼をしてそれぞれの問題を解決しています。
弁護士には得意分野があるので、自分の悩んでいること、相談したい内容に適した弁護士や弁護士事務所を選ぶ必要があります。
債務整理や借金問題に詳しい弁護士や、相続放棄に詳しい弁護士もいます。
相続放棄を弁護士に依頼する人も多く、メリットとして債務者から請求や問い合わせがあったときに、対応してもらえるという点です。
借金を残して亡くなった家族がいる場合、その残された家族に対してマイナスの財産として借金が残ります。
そのため、債権者は家族に請求をするわけですが、それらの不安材料を弁護士に依頼することによってなくすことが出来ます。
財産はプラスになるものだけではないので、弁護士に依頼して相続放棄の手続きを行い、解決していきましょう。

司法書士も、法律に関する様々な手続きを行なってくれますが、弁護士は司法書士に比べて、対応出来る内容が多いので、多くの人が弁護士に相談しています。
様々な事件や事故、家庭問題が起こったとき、自分だけでは解決出来ない部分も出てきます。
書類作成や手続き、裁判所とのやり取りなど、問題解決に向けて行うことはたくさんあります。
そういったときに、弁護士に依頼して任せることが出来ます。
多くの弁護士や弁護士事務所があるので、評判の良い弁護士や経験豊富な弁護士を選び、問題解決に取り組みましょう。
多くのところが無料で相談を引き受けているので、まずは相談することから始めましょう。

B型肝炎の給付金をもらうためには国に訴訟しなければなりません。お悩みならこちらのサイトを調べておきましょう。

オススメリンク

手続きをする

相続放棄をしていくときには、必要書類を揃えることから始まります。書類が揃ったら、家庭裁判所に提出して手続きが進んでいきます。最後に裁判所から通知書が届いたら、手続きが全て完了したことになります。

放棄する人

家族の中で相続権がある人が、全てにおいて相続したくないと判断したときに相続放棄をすることが出来ます。相続権のない人が家庭裁判所で手続きをしても、権利がないため却下されます。

Copyright© 2015 弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう All Rights Reserved.