必要な書類 | 弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう

弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう

笑顔の人たち

必要な書類

相続放棄の手続きを進めていくにあたって、様々な書類が必要になってきます。
主に必要なのが、亡くなった人の戸籍謄本と住民票です。住民票は、家庭裁判所によって必要がない場合もあります。
他には、相続放棄をする人の戸籍謄本と住民票、相続放棄の申述書と収入印紙、郵便切手が必要になります。
相続放棄の申述書は家庭裁判所に備え付けてあるので、確認をしましょう。
郵便切手は、家庭裁判所がどこにあるのかによって異なりますので、事前に確認が必要です。

相続放棄の手続きを行う上で、必要な書類は家庭裁判所によって異なります。
なぜなら、地域ごとに裁量が任されているため、全国統一されていないためです。
相続放棄の手続きを行いたいときには、近くの家庭裁判所に問い合わせて、何が必要なのかを確認しましょう。
亡くなった人の兄弟や姉妹、甥や姪が相続放棄する場合、亡くなった人の戸籍謄本が複数必要になってきます。
生まれてから亡くなるまでの間に作られたものが必要で、全て揃っているのか確認するために戸籍相談コーナーのある役所に行きましょう。

相続放棄の手続きをする上で、家庭裁判所によっても、相続権が誰にあるのかによっても揃えるべき書類が変わってきます。
被相続人が最後に住んでいた住所の家庭裁判所が、申請すべき場所となります。
司法書士に依頼すると、相続放棄に関する手続きに関する相談をすることも出来ます。
金銭的に余裕のある人や、どう進めていけばいいのか分からない人は、依頼してもいいでしょう。

Copyright© 2015 弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう All Rights Reserved.