相続放棄する | 弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう

弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう

笑顔の人たち

相続放棄する

家族が亡くなったときに、その亡くなった人が残したものを相続することになります。
その相続する権利を放棄することを、相続放棄といいますが、これはもらえる財産の受け取りを拒否するものです。
そもそも相続とは、家族や親族がなくなったら自動的に発生するもので、残された金額は関係しません。
相続は全てのものを受け継ぐというものなので、資産だけでなく残っている借金を受け継がなければならない場合もあります。
相続放棄という手続きを行えば、プラスの財産もマイナスの財産も受け継ぐ必要性がなくなりますが、何もしない場合は必ず自動的に受け継いでしまうことになります。

家族が亡くなることで、自分には関係のない借金を背負う羽目になることもあります。
そういったマイナスの財産を受け継がないようにするために、相続放棄という手続きの方法が生まれました。
相続関係の法律の中でも、相続放棄は最も強力な手続き方法になります。
相続放棄を行うことで、相続に関する一切のことに関与しなくて済むようになります。
申請が必要になるので、家庭裁判所にて手続きをする必要があります。
申請して手続きを行い、家庭裁判所から認める通知書が来て初めて、相続放棄が成立したことになります。
家族が残した借金で苦しむことがなくなりますので、多くの人がこの方法を取っています。
法律について何も知らなかったというのは通らないので、しっかりと相続に関して知っておく必要があります。

Copyright© 2015 弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう All Rights Reserved.