放棄する人 | 弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう

弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう

笑顔の人たち

放棄する人

相続放棄をするしないを決めるのは、相続権がある人です。
家族の中で誰に相続権があるのかを調べることが、とても大切になってきます。
相続権は、亡くなった家族や親族から近い順に発生します。
家族の中で夫がなくなれば妻や子供に相続権が渡ります。
未婚で子供がいない場合、その人の親や兄弟、姉妹という順番で相続権が発生していく形になります。
どういった順番で発生するのか、自分がどの立場なのかを知ることで、手続きが必要かどうかの判断をすることが出来ます。

相続放棄のとき、亡くなった人の夫や妻は、どんな場合であっても相続権があるということを知っておきましょう。
亡くなった人の配偶者に対して、一番先に相続権が発生することになります。
相続放棄の手続きをする前に、家族の相続権が発生する順番を把握しておきましょう。
相続権は、配偶者の後は子供、親、兄弟姉妹という順番で発生していきます。
子供が亡くなった人にいる場合は、その子供に相続権が生まれ、子供と親に同時に相続権が発生するということはないため、両方が手続きする必要もありません。

相続放棄を家族の誰かがした場合、その人はいないものとして考える必要があります。
相続権がある人だけが相続放棄の手続きをする必要が出てくるので,他の人が行う必要性はありません。
仮に相続権のない人が相続放棄を行っても、家庭裁判所で却下されます。
誰が相続権を持っているのか、家族が亡くなったときどういった順番で相続権が渡るのかを、事前に調べておくのもいいでしょう。

Copyright© 2015 弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう All Rights Reserved.