放棄の期間や期限 | 弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう

弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう

笑顔の人たち

放棄の期間や期限

相続放棄には期限や期間が決められているので、その期限内にきちんと手続きを行わなければなりません。
定められている期限は3ヶ月となっています。ですがいつから始まって、どこで終わるのかが重要となります。
法律上、相続放棄に関して相続権があったと知ったときから、3ヶ月以内に手続きをしなければなりません。
家族が亡くなったときから3ヶ月というわけではありません。
亡くなったことを知らなかった、自分自身に相続権があることを知らなかった場合は、亡くなってから時間が経っていても、3ヶ月の期限に当てはまりません。
カウントが始まるのは、亡くなったことや相続権があることを知ったときからとなります。

相続放棄に関して、3ヶ月という猶予はありますが、この期限について知らなかったということは認められません。
法律を知らなかったということで、相続放棄の期限が伸びるということはないので、注意が必要です。
仮に家族や親族がなくなって、自分に相続権があるのか分からないときには、調べてもらいましょう。
プラスの財産だけならいいですが、マイナスの財産を受け取ってしまうと、後で大変なことになります。

相続放棄の手続きに関して、事実を知らなかった場合は問題ありません。
誰かが相続放棄をして、相続権が自分になっていることを知らなかった場合、相続権があることを知ったときから3ヶ月の期限がスタートします。
家庭裁判所にて認められないといけないが相続放棄ですが、初めて裁判所に書類を出す日が3ヶ月以内であれば問題ありません。
全ての手続きを3ヶ月以内に行うのではなく、書類提出をその期限内に行う必要があるのです。
家庭裁判所も、手続きや審査に2ヶ月ほど時間がかかる場合があります。

Copyright© 2015 弁護士に依頼してトラブルや問題を解決しよう All Rights Reserved.